ブログネタ
熱帯魚全般 に参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ ← まずはこちらをポチッと

ベタの最高峰とも言われ、マニアの憧れでもあるマクロストマ

それは、”ブルネイビューティー”とも言われているその美しさと、現地採集が少ない事に加え、繁殖が難しい事もあるのではないかと思います。

その為、価格も高価です!
(成魚ペアで2万~4万程度?)

しかし、我が家のマクロストマ(WF1)は繁殖しまくってます

なんで
そこで、苦労されている方に少しでも参考になればとデータを公開します。

そんな大したものでは無いかもしれませんが(爆)

P1000670
水槽は45cm程度のものを使用。
砂は敷かず、ベアタンクとしております。

水は水道水(PH7)を中和させ、その後ピートモスやPH降下剤でPH5程度まで落としています。

飼育だけならPHはあまり気にしなくても良いとは思いますが、産卵時はPH4.5位まで落とします。(これが結構重要かも?)

※あくまでも我が家でも事なので、PHを極端に落とし過ぎて☆になってしまっても責任は負えませんのであしからず・・・

↓吐き出し直後なので色が出てません。
P1000671

水温は23度~26度

水温に弱いので夏場は水温を上げない様な工夫が必要かと思います。

あと、水質にもシビアで汚れがひどいと直ぐにコショウ病にかかります
我が家でも最初に繁殖に成功した稚魚達はコショウ病で絶滅しました

簡単ですが、環境はこんな感じです。

昨日も吐き出しに成功し、39匹の稚魚を確保しました
これで5回目の成功です

(購入して半年程度。産卵は数知れず・・・)

マクロストマは産卵までは行くのですが、3日程度で食卵されてしまうケースが多いです。

殺菌灯を使用して成功したと言う例もあるみたいですが、我が家では普通の蛍光灯です。
P1000660

<産卵~吐き出しまで>
成熟したペアをセットした水槽に入れてPH4.5程度にします。

産卵前3日程度は♀は何も食べなくなりますが、気にする必要はありません。

産卵
(我が家では産卵後、♂♀は一緒にしています。♀をとりだす時に水槽内をかき回して♂にストレスを与えるよりは良いかと・・・)

3日が過ぎればかなりの確率で成功します!!!
(♀に餌を与える時は♂に気ずかれない様に気を使ってます)

産卵~13日でいよいよ吐き出しです。
(あまり引っ張りすぎると水槽内で吐き出して♀に食べられてしまいます。)

吐き出しは♂を水槽から取り出して水中で軽く押さえてスポイトで口内に噴射すると一気に吐き出します。
これを何回か繰り返し全部吐かせます。

我が家では吐き出し後、1週間~2週間程度で次の産卵に入ります。
P1000665


ざっとこんな感じです。
我が家のマクロはWF1で日本の水質に馴れているのもあると思いますし、勿論すべてのマクロにあてはまるものでは無いとは思いますが、少しでも参考になれば幸いです。
マクロストマに苦労されている方に良い結果が出ます様に♪

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
ランキング参加中です
励みになるので、ポチッっとお願いいたしま~す
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへにほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ←にほんブログ村
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン